皮膚表面雑菌を減らして体臭を改善

ワキガによる体臭の原因はアポクリン腺という汗腺から汗が分泌されることで発生するものです。アポクリン腺の汗にはたんぱく質やミネラル、アンモニアが含まれていますので、皮膚表面の雑菌によってそれらが分解されることによって、体臭がきつくなってしまうということになるのです。
そこでアポクリン腺の汗の量を減らすという方法と、雑菌を少なくするという方法が考えられますが、アポクリン腺を少なくするためには手術が必要になってきますので、最も簡単な方法としては雑菌の量を少なくするという方法がお勧めになってきます。最近では表皮の雑菌を少なくしてくれる石鹸や制汗スプレーも販売されるようになっておりますので、こうしたアイテムを活用することで体臭を抑制することが可能になります。